【お得な空の旅へ!】 格安のパック、航空券、空港利用術を公開するサイト

海外チケット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
羽田発ハワイのワイキキ往復で5万円? と聞けば、すぐにでも飛びつきたくなる格安の海外航空券。しかし、よ〜く見てみれば、便指定あり、燃料サーチャージは別。最近、何かと話題の燃料サーチャージが航空券並みか、それ以上に高いケースもあるので要注意です。人気の高いハワイなら、2万4,000〜30,000円が平均的な追加料金。サーチャージは航空会社や行先によって異なりますが、北米、ヨーロッパになると50,000万円前後がチケット代にプラス。また、6月以降はさらに料金アップが見込まれているので、見かけ上の安さだけにごかされないようにしましょう。
海外旅行の場合は航空券とホテルがセットになった商品の方が楽ではあります。しかし、気ままにいろんなところをステイしたいというフリープランを楽しむのであれば、FIX型のチケットがよいでしょう。往路、復路とも変更不可能ですが、期間が5〜30日といったタイプは夏休みだけの短期留学に選ばれることも多いようです。
さて、行先別に格安チケットの売上ランキングを見てみましょう。アジア方面は、ソウル、バンコク、台北の順に。ヨーロッパではロンドン、パリ、ローマの順に。北米はニューヨークをトップに、ロサンゼルス、バンクーバーといった順に人気があるようです。
あらかじめ行きたい場所が決まっているなら、エアラインを選んで格安チケットをさがしてみるのも楽しいかもしれません。たとえば航空機、機内食、機内エンターテインメントと3部門でホスピタリティNo,1に輝いたドバイの「エミレーツ航空」。一度は乗ってみたいエアラインですよね。エミレーツ専門のチケットを格安販売している予約サイトも登場しています。
航空券の値段の安さだけで選んでしまうと目的地のみの最低条件だけクリアといった陳腐な旅行になる可能性もあります。でも、このようにひとつでもプラスαになるこだわりを入れてみる。少しずつしばりを取っていくことでサービスのお得度をあげることも可能になっていくのです。できることなら自分なりのお得感を見つけてみるようにしてはいかがでしょう。それが本当の意味でのコストパフォーマンスのよい旅につながること間違いなしです。
PROFILE:明日香

1967年4月9日生まれ。青森県出身。 幼い頃から空と飛行機が大好きでした。物心ついた頃には客室乗務員に憧れ、夢をかなえようと某外語専門学校、エアライン学科に入学。卒業後、外資の航空会社に就職、晴れて客室乗務員になりました。主に国際線にて主にヨーロッパ・アジア路線を担当、大好きな空と飛行機に囲まれながら仕事をしてきました。 そんな私が伝授する航空券&空港利用術!ぜひご覧になってください。

Copyright (C)2017【お得な空の旅へ!】 格安のパック、航空券、空港利用術を公開するサイト.All rights reserved.